[当サイトの開設にあたって]

 京都府は、平成27 年の合計特殊出生率が1.26 と4 年連続で全国ワースト2 位、また出生数も2 年連続で2 万人を切るなど、少子化の進行に歯止めがかからない状況にあります。

 しかし、多くの若者は環境が整えば、家庭を持ちたい、子どもを生み育てたいとの想いが強いことから、平成28 年4 月に、子どもや若者が結婚や子育てに夢を持てる社会、そして「家庭を築きたい」「子どもを生み育てたい」という希望を叶えることができる社会の実現を目指して、京都府少子化対策条例を施行したところです。
 少子化対策は、雇用や働き方、住宅・住環境、教育等、生活全般にわたることから、行政だけでなく、府民の皆様一人ひとりや団体、企業等の皆様が、自ら主体的に、家庭を持つことや子どもを生み育てることを応援していただくことが何よりも大切です。

 家庭の温かさや子育ての喜びを共有できる“子どもを育む文化”をオール京都で創り上げるため、京都府少子化対策府民会議を立ち上げ、行政だけでなく、結婚支援や子育て支援、教育・保育をはじめとした多岐にわたる分野の団体や企業、学生の皆さんと一緒になって、結婚や子育てを応援する取組を進めるとともに、その取組を広く発信する特設サイトを開設しました。

 「京都で家庭を持ちたい」「京都で子育てをしたい」という想いに満ちた京都府にするため、そして、その想いを 次の世代へと伝えていくため、みんなで“子どもを育む文化”の輪を広げていきましょう。

京都府知事
[とじる]