array(44) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "412"
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
  }
  ["date"]=>
  string(10) "2020/08/07"
  ["furigana"]=>
  string(30) "あくろすとしかいはつ"
  ["name"]=>
  string(29) "代表取締役 北澤 俊和"
  ["message"]=>
  string(411) "未来を見据えた街づくりを標榜する当社において、社員の多様な働き方を支え、次世代の子供たちを育むための職場環境を整えることは重要な意味を持つものといえます。そして、「繋がり」、「情」、「継続」という当社事業の基本理念は、そうした職場環境から生まれ、さらに高まるものといえます。"
  ["address"]=>
  string(60) "京都市下京区烏丸通四条ル童侍者町159番地1"
  ["type"]=>
  string(66) "不動産売買・投資・不動産コンサルティング業務"
  ["num_employee"]=>
  string(4) "7名"
  ["business_content"]=>
  string(366) "当社は賃貸マンションをはじめ商業施設、店舗などを保有・運営し、オフィスビル、ホテルや物流施設等の開発・投資も行っています。

また、不動産コンサルティング業務では、土地の条件や目的、地域のニーズに応えた価値ある「土地活用」を提案します。" ["prs"]=> string(0) "" ["pr"]=> string(693) "アクロス都市開発が考える「都市開発」とは、歴史を守りながら最先端を取り入れる美意識。未来を見据えた明確なビジョンを常に持ちながら、歴史を巻き込んだ新しい価値を切り開いていく。各土地の魅力を活かし、ユーザビリティあふれるブランド価値の高いまちづくりを、伝統と革新が共存する京都の土地より、全国へ向けて発信いたします。

◎「伝統を育むこの町と歩む」

◎「新しい価値の創造/魅力的なまちづくり」

◎「暮らしの中に未来を」・・・・・テーマに" ["person_in_charge"]=> string(54) "総務グループ マネージャー 井上 真左美" ["tel"]=> string(12) "075-343-0777" ["mail"]=> string(23) "m-inoue@across-ud.co.jp" ["goal"]=> string(648) "仕事と育児の両立を目指し、社員の多様な働き方を推進する組織体制を構築します。

そのために、仕事と育児の両立を促す(1)「選択制の在宅勤務」と(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入し、併せて有給休暇の取得率向上を目指します。

さらに、多様な働き方の一つとして、「時間に捉われない業務体制」を推進するため、情報機器を活用した「リモート会議」や「サテライトでの業務運営(情報交換・報告・相談等)」を試行してまいります。" ["plan"]=> string(1370) "(1)各従業員の業務量見直しと業務の兼業化を行い、情報や業務用データの共有化(見える化)とWeb会議実施することにより、マルチタスクで誰でもどこでも業務を行えるようになる。通勤・移動時間の無駄を省き、有効に時間を活用するため、在宅テレワーク用にIT機器を整備し、新たな社内業務ネットワークを構築する。

(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入する。社内アドバイザーや労務顧問の指導の下で、就業規則、社内規程等の改定、就労時間の管理ルールや社内業務マニュアルの策定を行う。

(3)テレワーク対象者に貸与するパソコンは、社員が担当する部署・業務毎にアクセスするファイルサーバーや使用する業務ソフトが異なるため、担当業務毎の専用性と機密性が高いものが要求される。そのため、セキュリティーの観点から、汎用的なノートパソコンを社員間で使い回し貸与することは適さないといえる。

したがって、各自の自宅へ担当業務ごとに専用ソフトがインストールされたデスクトップパソコンを設置し、セキュリティーと業務の利便性を確保する。" ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "11" ["schedules"]=> string(508) "・令和2年9月~10月:「選択制の在宅勤務」、「時間単位有給休暇」、「サテライト勤務」等の各制度導入に向けた制度設計と規程等の改定、運用ルールの制定等を行います。 ・同年9月~10月:業務のネットワーク化に向けた機器の購入と運用試験開始 ・同年11月~:上記施策の運用開始 なお、同年11月の1か月間で、「成果目標」の効果測定を行います。" ["region"]=> string(18) "京都市下京区" ["employees"]=> string(11) "10人未満" ["is_submit"]=> bool(true) ["group_support"]=> array(1) { [0]=> array(6) { ["suppot_name"]=> string(55) "令和2年度多様な働き方推進事業費補助金" ["suppot_content"]=> string(129) "在宅ワークができるようにパソコンをそろえる。時間単位年休を導入して休暇を取りやすくする" ["suppot_expenses"]=> string(9) "1,409,400" ["support_price"]=> string(3) "742" ["grant_decision"]=> string(10) "2020/09/30" ["事業実施期間(終期)"]=> string(10) "2021/02/19" } } ["know"]=> string(1) "0" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(18) "不動産・賃貸" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(2) { [0]=> string(9) "不動産" [1]=> string(6) "賃貸" } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(3) { [0]=> string(43) "6 時間単位の年次有給休暇制度" [1]=> string(34) "7 所定外労働時間の削減" [2]=> string(22) "9 在宅勤務制度" } ["catch_copy"]=> string(1) " " ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2020/08/07" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "11" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(1) { [0]=> string(26) "否:HPに公開しない" } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(35) "10 フレックスタイム制度" } ["objective_content1"]=> string(630) "仕事と育児の両立を目指し、社員の多様な働き方を推進する組織体制を構築します。
そのために、仕事と育児の両立を促す(1)「選択制の在宅勤務」と(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入し、併せて有給休暇の取得率向上を目指します。
さらに、多様な働き方の一つとして、「時間に捉われない業務体制」を推進するため、情報機器を活用した「リモート会議」や「サテライトでの業務運営(情報交換・報告・相談等)」を試行してまいります。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(434) "(1)各従業員の業務量見直しと業務の兼業化を行い、情報や業務用データの共有化(見える化)とWeb会議実施することにより、マルチタスクで誰でもどこでも業務を行えるようになる。通勤・移動時間の無駄を省き、有効に時間を活用するため、在宅テレワーク用にIT機器を整備し、新たな社内業務ネットワークを構築する。" ["action_plan1_term_1"]=> string(1) " " ["action_plan1_content_2"]=> string(243) "(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入する。社内アドバイザーや労務顧問の指導の下で、就業規則、社内規程等の改定、就労時間の管理ルールや社内業務マニュアルの策定を行う。" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(648) "(3)テレワーク対象者に貸与するパソコンは、社員が担当する部署・業務毎にアクセスするファイルサーバーや使用する業務ソフトが異なるため、担当業務毎の専用性と機密性が高いものが要求される。そのため、セキュリティーの観点から、汎用的なノートパソコンを社員間で使い回し貸与することは適さないといえる。
したがって、各自の自宅へ担当業務ごとに専用ソフトがインストールされたデスクトップパソコンを設置し、セキュリティーと業務の利便性を確保する。" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(0) "" } ["objective_content2"]=> string(0) "" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(0) "" } ["objective_content3"]=> string(0) "" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } ["is_objective_second"]=> bool(false) ["current_counter"]=> string(1) "0" ["jpid"]=> string(0) "" ["コメント"]=> string(0) "" ["initial_counter"]=> string(1) "0" }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > アクロス都市開発株式会社

アクロス都市開発株式会社

所在地
京都市下京区烏丸通四条ル童侍者町159番地1
業種
不動産・賃貸(不動産、賃貸)
事業内容
当社は賃貸マンションをはじめ商業施設、店舗などを保有・運営し、オフィスビル、ホテルや物流施設等の開発・投資も行っています。

また、不動産コンサルティング業務では、土地の条件や目的、地域のニーズに応えた価値ある「土地活用」を提案します。
従業員数
7名
PR
アクロス都市開発が考える「都市開発」とは、歴史を守りながら最先端を取り入れる美意識。未来を見据えた明確なビジョンを常に持ちながら、歴史を巻き込んだ新しい価値を切り開いていく。各土地の魅力を活かし、ユーザビリティあふれるブランド価値の高いまちづくりを、伝統と革新が共存する京都の土地より、全国へ向けて発信いたします。

◎「伝統を育むこの町と歩む」

◎「新しい価値の創造/魅力的なまちづくり」

◎「暮らしの中に未来を」・・・・・テーマに

既存制度 / 取組状況

時間単位の年次有給休暇制度所定外労働時間の削減在宅勤務制度フレックスタイム制度
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

未来を見据えた街づくりを標榜する当社において、社員の多様な働き方を支え、次世代の子供たちを育むための職場環境を整えることは重要な意味を持つものといえます。そして、「繋がり」、「情」、「継続」という当社事業の基本理念は、そうした職場環境から生まれ、さらに高まるものといえます。

行動宣言

目標1
仕事と育児の両立を目指し、社員の多様な働き方を推進する組織体制を構築します。
そのために、仕事と育児の両立を促す(1)「選択制の在宅勤務」と(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入し、併せて有給休暇の取得率向上を目指します。
さらに、多様な働き方の一つとして、「時間に捉われない業務体制」を推進するため、情報機器を活用した「リモート会議」や「サテライトでの業務運営(情報交換・報告・相談等)」を試行してまいります。
行動計画1
・(1)各従業員の業務量見直しと業務の兼業化を行い、情報や業務用データの共有化(見える化)とWeb会議実施することにより、マルチタスクで誰でもどこでも業務を行えるようになる。通勤・移動時間の無駄を省き、有効に時間を活用するため、在宅テレワーク用にIT機器を整備し、新たな社内業務ネットワークを構築する。

・(2)「時間単位の有給休暇制度」を導入する。社内アドバイザーや労務顧問の指導の下で、就業規則、社内規程等の改定、就労時間の管理ルールや社内業務マニュアルの策定を行う。
・(3)テレワーク対象者に貸与するパソコンは、社員が担当する部署・業務毎にアクセスするファイルサーバーや使用する業務ソフトが異なるため、担当業務毎の専用性と機密性が高いものが要求される。そのため、セキュリティーの観点から、汎用的なノートパソコンを社員間で使い回し貸与することは適さないといえる。
したがって、各自の自宅へ担当業務ごとに専用ソフトがインストールされたデスクトップパソコンを設置し、セキュリティーと業務の利便性を確保する。
TOP