array(44) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "173"
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(71) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2019/10/173.jpg"
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(77) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2019/10/s_image2.jpeg"
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(83) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2019/10/dsc02438-scaled.jpg"
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(84) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2019/10/創立30th記念.jpg"
    }
  }
  ["date"]=>
  string(10) "2019/10/01"
  ["furigana"]=>
  string(18) "えふしすてむ"
  ["name"]=>
  string(29) "代表取締役 古川 雄一"
  ["message"]=>
  string(439) "私が元気活発に子供を謳歌していた50数年前、私の子供たちがのびのび成長していた30数年前、そして現在の子供たちの環境。子育て環境は形を変え、より夫婦が力を合わせて子育てに臨まなければ家庭も子育ても回らない、そんな時代になりました。かけがえのない“家族の時間”のため、今できることに挑戦していきます。"
  ["address"]=>
  string(63) "京都市北区紫竹下緑町28-3 プチトゥリアーノ1階"
  ["type"]=>
  string(12) "電気通信"
  ["num_employee"]=>
  string(40) "10人(正社員8人、パート2人)"
  ["business_content"]=>
  string(297) "通信設備・弱電設備・防災設備の取り付けおよび調整を事業の柱とし、関西一円の大型物件(マンション・学校・病院・工場・物流センターなど)を多数受注しています。オール弱電を取り扱えることが弊社の強みです。"
  ["prs"]=>
  string(0) ""
  ["pr"]=>
  string(341) "現場仕事は少数精鋭、プロフェッショナル集団!セカンドステージはイクメン集団!!

【キチッと働いてしっかり稼ぎ、いっぱい遊ぼう】
という社長の考えに沿って家族の豊かな時間の確保とワークライフバランスの確保に努めます!" ["person_in_charge"]=> string(23) "総務  山名 彩香" ["tel"]=> string(12) "075-468-1887" ["mail"]=> string(23) "ayaka@fsystem1990.co.jp" ["goal"]=> string(370) "※男性従業員の出産立会いを推進します

※日曜・祝日が飛び石になっている平日を有休促進日に設定し、連休の確保と年休の取得を促します

※年1度、従業員家族および家族間の親睦を深めるイベントを企画し、父親の仕事に関心を持つ機会を設ける" ["plan"]=> string(791) "※出産立会い・突発的な育児に係る欠勤に対する相互理解を社内会議で促し、フォロー体制のシュミレーションをする

※有休促進日は社長が年始に社内カレンダーにて日にちを公表し、現場管理者(工事部部長)が各現場の進捗状況を把握し、有休促進日の年休取得70%を目指す

※毎月の全体会議にて働き方改革に沿った残業等の働き方の改善・周知徹底を推し進め、無駄・無理のない作業計画を全社員で達成できるよう意見交換の場を設ける

※会社近くの夏祭り開催の際は休憩所・父親の職場見学として社内開放し、従業員家族との親睦を深める" ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(1) "8" ["schedules"]=> string(309) "目標達成時期 2020年 8月 ※2019年10月~12月 全体会議にて周知徹底 ※2020年1月~4月 2020年社内カレンダーのもと、年間スケジュールを立て有休促進日を周知・実践 ※2020年5月~8月 社内啓蒙活動の継続と取り組みの定着化" ["region"]=> string(15) "京都市北区" ["employees"]=> string(11) "10人未満" ["is_submit"]=> bool(true) ["group_support"]=> bool(false) ["know"]=> string(1) "0" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(15) "建設・建築" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(1) { [0]=> string(6) "設備" } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(24) "弊社ホームページ" ["url_1"]=> string(30) "https://www.fsystem1990.co.jp/" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(21) "ジョブこねっと" ["url_1"]=> string(46) "https://webjobpark.kyoto.jp/com/detail?cid=328" ["link_name_2"]=> string(30) "弊社採用ホームページ" ["url_2"]=> string(42) "https://www.fsystem1990.co.jp/recruit.html" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(0) { } ["catch_copy"]=> string(82) "する!やる!できる!私たちはnext stageにチャレンジします。" ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2019/10/01" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(1) "8" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(295) "従業員家族の出産が2件あったが、いずれも達成。
所定外労働時間前年比10%減。
ノー残業DAYや、早く帰るDAYの設定とその推進により、無駄無理のない作業計画を組み立てられるように意識改革につながった。" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(170) "年次有給休暇日数が勤続年数によって異なるために、一律取得70%というのはハードルが高かったが、継続して実践していく。" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(315) "新型コロナウィルスの影響で計画していた父親の職場見学や従業員家族との親睦を深めるイベントを企画することができなくなってしまった。コンセプトはいいと思っているので、感染状況を見て今後取り組めたらと、期待している。" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(39) "(1)育児休業等の取得促進" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(46) "3 男性の育児休業等に関する支援" } ["objective_content1"]=> string(54) "※男性従業員の出産立会いを推進します" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(159) "※出産立会い・突発的な育児に係る欠勤に対する相互理解を社内会議で促し、フォロー体制のシュミレーションをする" ["action_plan1_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(12) "○:達成" ["action_details1"]=> string(200) "2020年度に社員家族の出産が2件ありましたが、どちらも立会い出産を達成しました。社員同士の連携も取れ、理想とするながれに持っていけました。" ["executed1_1"]=> array(1) { [0]=> string(18) "○:実行済み" } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(18) "(4)その他" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(38) "13 社内勉強会など普及啓発" } ["objective_content2"]=> string(135) "※日曜・祝日が飛び石になっている平日を有休促進日に設定し、連休の確保と年休の取得を促します" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(215) "※有休促進日は社長が年始に社内カレンダーにて日にちを公表し、現場管理者(工事部部長)が各現場の進捗状況を把握し、有休促進日の年休取得70%を目指す" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(222) "※毎月の全体会議にて働き方改革に沿った残業等の働き方の改善・周知徹底を推し進め、無駄・無理のない作業計画を全社員で達成できるよう意見交換の場を設ける" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(15) "△:実践中" ["action_details1"]=> string(530) "勤続年数によって年次有給休暇日数が異なるので一律年休取得70%という目標は未達でした。しかし、会議や社内通信によって年休取得の推進をアナウンスし続けたことによって、無駄無理のない作業計画を組み立てられるように意識の面において大きな成長が見られた。休みに至らずとも、残業時間が減少したこともよかった。次は取得に駒を進められるように、引き続き実践していきます。" ["executed2_1"]=> array(1) { [0]=> string(18) "○:実行済み" } ["executed2_2"]=> array(1) { [0]=> string(18) "○:実行済み" } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(18) "(4)その他" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(38) "13 社内勉強会など普及啓発" } ["objective_content3"]=> string(145) "※年1度、従業員家族および家族間の親睦を深めるイベントを企画し、父親の仕事に関心を持つ機会を設ける" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(141) "※会社近くの夏祭り開催の際は休憩所・父親の職場見学として社内開放し、従業員家族との親睦を深める" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(20) "×:延期・中止" ["action_details3"]=> string(333) "新型コロナウィルスの影響により、地域の夏祭りが中止となりったことで計画していた父親の職場見学・従業員家族との親睦を図る機会がなくなってしまいました。コンセプトはとてもいいと考えているので、今年の夏祭り開催に期待しています。" ["executed3_1"]=> array(1) { [0]=> string(14) "×:未実行" } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } ["current_counter"]=> string(1) "1" ["jpid"]=> string(0) "" ["コメント"]=> string(0) "" ["is_objective_second"]=> bool(false) ["initial_counter"]=> string(1) "0" }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > エフシステム株式会社

エフシステム株式会社

所在地
京都市北区紫竹下緑町28-3 プチトゥリアーノ1階
業種
建設・建築(設備)
事業内容
通信設備・弱電設備・防災設備の取り付けおよび調整を事業の柱とし、関西一円の大型物件(マンション・学校・病院・工場・物流センターなど)を多数受注しています。オール弱電を取り扱えることが弊社の強みです。
従業員数
10人(正社員8人、パート2人)
企業HP
弊社ホームページ
https://www.fsystem1990.co.jp/
求人情報
ジョブこねっと
https://webjobpark.kyoto.jp/com/detail?cid=328
弊社採用ホームページ
https://www.fsystem1990.co.jp/recruit.html
PR
現場仕事は少数精鋭、プロフェッショナル集団!セカンドステージはイクメン集団!!

【キチッと働いてしっかり稼ぎ、いっぱい遊ぼう】
という社長の考えに沿って家族の豊かな時間の確保とワークライフバランスの確保に努めます!

既存制度 / 取組状況

男性の育児休業等に関する支援社内勉強会など普及啓発
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

する!やる!できる!私たちはnext stageにチャレンジします。 私が元気活発に子供を謳歌していた50数年前、私の子供たちがのびのび成長していた30数年前、そして現在の子供たちの環境。子育て環境は形を変え、より夫婦が力を合わせて子育てに臨まなければ家庭も子育ても回らない、そんな時代になりました。かけがえのない“家族の時間”のため、今できることに挑戦していきます。

行動宣言の取組内容と効果

目標1
※男性従業員の出産立会いを推進します
取組内容
2020年度に社員家族の出産が2件ありましたが、どちらも立会い出産を達成しました。社員同士の連携も取れ、理想とするながれに持っていけました。
目標2
※日曜・祝日が飛び石になっている平日を有休促進日に設定し、連休の確保と年休の取得を促します
取組内容
勤続年数によって年次有給休暇日数が異なるので一律年休取得70%という目標は未達でした。しかし、会議や社内通信によって年休取得の推進をアナウンスし続けたことによって、無駄無理のない作業計画を組み立てられるように意識の面において大きな成長が見られた。休みに至らずとも、残業時間が減少したこともよかった。次は取得に駒を進められるように、引き続き実践していきます。
目標3
※年1度、従業員家族および家族間の親睦を深めるイベントを企画し、父親の仕事に関心を持つ機会を設ける
取組効果
従業員家族の出産が2件あったが、いずれも達成。
所定外労働時間前年比10%減。
ノー残業DAYや、早く帰るDAYの設定とその推進により、無駄無理のない作業計画を組み立てられるように意識改革につながった。

行動宣言

目標1
※男性従業員の出産立会いを推進します
行動計画1
・※出産立会い・突発的な育児に係る欠勤に対する相互理解を社内会議で促し、フォロー体制のシュミレーションをする
目標2
※日曜・祝日が飛び石になっている平日を有休促進日に設定し、連休の確保と年休の取得を促します
行動計画2
・※有休促進日は社長が年始に社内カレンダーにて日にちを公表し、現場管理者(工事部部長)が各現場の進捗状況を把握し、有休促進日の年休取得70%を目指す
・※毎月の全体会議にて働き方改革に沿った残業等の働き方の改善・周知徹底を推し進め、無駄・無理のない作業計画を全社員で達成できるよう意見交換の場を設ける
目標3
※年1度、従業員家族および家族間の親睦を深めるイベントを企画し、父親の仕事に関心を持つ機会を設ける
行動計画3
・※会社近くの夏祭り開催の際は休憩所・父親の職場見学として社内開放し、従業員家族との親睦を深める
TOP