array(43) {
  ["is_submit"]=>
  bool(true)
  ["is_objective_second"]=>
  bool(false)
  ["furigana"]=>
  string(39) "まるほはつじょうこうぎょう"
  ["name"]=>
  string(39) "代表取締役社長 今井 良平"
  ["know"]=>
  string(1) "2"
  ["initial_counter"]=>
  string(1) "3"
  ["current_counter"]=>
  string(1) "3"
  ["person_in_charge"]=>
  string(51) "総務グループ人事チーム 辻井 祥太"
  ["tel"]=>
  string(12) "0771-56-8865"
  ["mail"]=>
  string(29) "shota.tsujii@maruho-htj.co.jp"
  ["group_main_type_1"]=>
  array(2) {
    ["main_type_1"]=>
    string(15) "医療・福祉"
    ["sub_type_1"]=>
    array(23) {
      ["traditions_textiles"]=>
      array(0) {
      }
      ["sightseeing_accommodation"]=>
      array(0) {
      }
      ["animation_fashion"]=>
      array(0) {
      }
      ["information_technology"]=>
      array(0) {
      }
      ["environment_ecology"]=>
      array(0) {
      }
      ["agriculture_forestry_fisheries"]=>
      array(0) {
      }
      ["construction_architecture"]=>
      array(0) {
      }
      ["machinery_manufacturing"]=>
      array(1) {
        [0]=>
        string(6) "製造"
      }
      ["chemistry_biotechnology"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_confectionery"]=>
      array(0) {
      }
      ["electricity_water"]=>
      array(0) {
      }
      ["transportation_logistics"]=>
      array(0) {
      }
      ["wholesale_retail"]=>
      array(0) {
      }
      ["finance_insurance"]=>
      array(0) {
      }
      ["realestate_leasing"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_beverage_service"]=>
      array(0) {
      }
      ["medical_welfare"]=>
      array(1) {
        [0]=>
        string(12) "医療機器"
      }
      ["education_children"]=>
      array(0) {
      }
      ["hairdressing_bridal"]=>
      array(0) {
      }
      ["advertising_printing"]=>
      array(0) {
      }
      ["events_entertainment"]=>
      array(0) {
      }
      ["human_resources_law"]=>
      array(0) {
      }
      ["sub_type_other"]=>
      array(0) {
      }
    }
  }
  ["group_main_type_2"]=>
  array(2) {
    ["main_type_2"]=>
    bool(false)
    ["sub_type_2"]=>
    array(23) {
      ["traditions_textiles"]=>
      array(0) {
      }
      ["sightseeing_accommodation"]=>
      array(0) {
      }
      ["animation_fashion"]=>
      array(0) {
      }
      ["information_technology"]=>
      array(0) {
      }
      ["environment_ecology"]=>
      array(0) {
      }
      ["agriculture_forestry_fisheries"]=>
      array(0) {
      }
      ["construction_architecture"]=>
      array(0) {
      }
      ["machinery_manufacturing"]=>
      array(0) {
      }
      ["chemistry_biotechnology"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_confectionery"]=>
      array(0) {
      }
      ["electricity_water"]=>
      array(0) {
      }
      ["transportation_logistics"]=>
      array(0) {
      }
      ["wholesale_retail"]=>
      array(0) {
      }
      ["finance_insurance"]=>
      array(0) {
      }
      ["realestate_leasing"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_beverage_service"]=>
      array(0) {
      }
      ["medical_welfare"]=>
      array(0) {
      }
      ["education_children"]=>
      array(0) {
      }
      ["hairdressing_bridal"]=>
      array(0) {
      }
      ["advertising_printing"]=>
      array(0) {
      }
      ["events_entertainment"]=>
      array(0) {
      }
      ["human_resources_law"]=>
      array(0) {
      }
      ["sub_type_other"]=>
      array(0) {
      }
    }
  }
  ["region"]=>
  string(18) "京都市下京区"
  ["address"]=>
  string(49) "京都市下京区中堂寺南町134 KRP1号館4F"
  ["num_employee"]=>
  string(44) "309人(正社員270人、パート39人)"
  ["employees"]=>
  string(15) "300人~999人"
  ["business_content"]=>
  string(108) "「精密ばね」「医療機器キーデバイス」「包装機械」の設計・開発・製造・販売"
  ["pr"]=>
  string(1232) "当社は、「精密ばね」「医療機器キーデバイス」「包装機械」で日本有数のシェアを誇る、技術創造型の京都企業です。日用品に使われるような「ばね」のほか、最先端の医療機器や電気自動車に搭載されるような「ばね」も手掛けており、時代の変化に合わせて着実に成長しています。また、包装機械の分野では、おもに製薬会社で活躍している医薬品を包装する機械に強みを持っており、最近服用された医薬品も実は当社機械が包装した薬かもしれません。このように当社は一般消費者ではなく、最先端のモノづくりを行っている企業に対してビジネスを行っているため、決して目立たない企業です。しかし当社製品は、必ず皆さんも1日に1度は接点があるといっても過言ではないほど多くの製品に組み込まれており、目につかないところからみなさんの生活を豊かにしています。規模は決して大きくありませんが、実は日本のモノづくりに大きな影響を与えている当社で、一緒にチャレンジしてみませんか?"
  ["prlink"]=>
  array(4) {
    ["link_name_1"]=>
    string(3) "HP:"
    ["url_1"]=>
    string(29) "https://www.maruho-htj.co.jp/"
    ["link_name_2"]=>
    string(0) ""
    ["url_2"]=>
    string(0) ""
  }
  ["recruit_link"]=>
  array(6) {
    ["link_name_1"]=>
    string(0) ""
    ["url_1"]=>
    string(0) ""
    ["link_name_2"]=>
    string(0) ""
    ["url_2"]=>
    string(0) ""
    ["link_name_3"]=>
    string(0) ""
    ["url_3"]=>
    string(0) ""
  }
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(95) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/06/京都リサーチパーク.jpg"
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(102) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/06/新光悦工場(外観)-scaled.jpg"
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(86) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/06/会社紹介記事.png"
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
  }
  ["jpid"]=>
  string(3) "694"
  ["コメント"]=>
  string(0) ""
  ["company_id"]=>
  string(0) ""
  ["type"]=>
  string(0) ""
  ["prs"]=>
  string(0) ""
  ["group_support"]=>
  bool(false)
  ["existing_systems"]=>
  array(8) {
    [0]=>
    string(55) "1 育児休業等を取得しやすい環境づくり"
    [1]=>
    string(46) "2 育休からの復帰を支援する取組"
    [2]=>
    string(46) "3 男性の育児休業等に関する支援"
    [3]=>
    string(43) "6 時間単位の年次有給休暇制度"
    [4]=>
    string(34) "7 所定外労働時間の削減"
    [5]=>
    string(22) "9 在宅勤務制度"
    [6]=>
    string(26) "12 相談窓口の設置"
    [7]=>
    string(38) "13 社内勉強会など普及啓発"
  }
  ["catch_copy"]=>
  string(123) "マルホ発條工業は社員が仕事と家庭を両立させて働ける環境づくりを推進してまいります。"
  ["message"]=>
  string(462) "私たちは、これまでも下記項目について取り組んできました。
・時間単位の年次有給休暇制度の導入
・カムバック制度の導入
・在宅勤務制度の導入
・時差出勤制度の導入
・育児短時間勤務制度の拡充
今般、下記の行動宣言を発し、さらに社員が仕事と家庭を両立させて働ける環境づくりを推進していきます。" ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2021/06/21" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2022" ["achievement_month"]=> string(1) "9" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["goal"]=> string(0) "" ["plan"]=> string(0) "" ["achievement_year"]=> string(0) "" ["achievement_month"]=> string(0) "" ["schedules"]=> string(0) "" ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(39) "(1)育児休業等の取得促進" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(55) "1 育児休業等を取得しやすい環境づくり" } ["objective_content1"]=> string(144) "育児・介護中の社員が仕事と家庭を両立し、一層活躍できる機会を増やすため、柔軟な働き方を推進する。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(156) "要介護状態にある家族を介護する社員が当該家族を介護するために利用できる「積立て有給休暇制度」を新設する。" ["action_plan1_term_1"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan1_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(22) "9 在宅勤務制度" } ["objective_content2"]=> string(144) "育児・介護中の社員が仕事と家庭を両立し、一層活躍できる機会を増やすため、柔軟な働き方を推進する。" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(144) "未就学の子を看護し、または要介護状態にある家族を介護する社員を対象に「在宅勤務制度」を拡充する。" ["action_plan2_term_1"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan2_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(18) "(4)その他" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(38) "13 社内勉強会など普及啓発" } ["objective_content3"]=> string(162) "育児休業期間中の社員が復職後に一層活躍できる機会を増やすため、自己学習による職業能力の開発・向上を推進する。" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(84) "育児休業期間中の社員を対象に「教育訓練制度」を拡充する。" ["action_plan3_term_1"]=> string(11) "2022年1月" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > マルホ発條工業 株式会社

マルホ発條工業 株式会社

所在地
京都市下京区中堂寺南町134 KRP1号館4F
業種
医療・福祉(医療機器)
事業内容
「精密ばね」「医療機器キーデバイス」「包装機械」の設計・開発・製造・販売
従業員数
309人(正社員270人、パート39人)
企業HP
HP:
https://www.maruho-htj.co.jp/
PR
当社は、「精密ばね」「医療機器キーデバイス」「包装機械」で日本有数のシェアを誇る、技術創造型の京都企業です。日用品に使われるような「ばね」のほか、最先端の医療機器や電気自動車に搭載されるような「ばね」も手掛けており、時代の変化に合わせて着実に成長しています。また、包装機械の分野では、おもに製薬会社で活躍している医薬品を包装する機械に強みを持っており、最近服用された医薬品も実は当社機械が包装した薬かもしれません。このように当社は一般消費者ではなく、最先端のモノづくりを行っている企業に対してビジネスを行っているため、決して目立たない企業です。しかし当社製品は、必ず皆さんも1日に1度は接点があるといっても過言ではないほど多くの製品に組み込まれており、目につかないところからみなさんの生活を豊かにしています。規模は決して大きくありませんが、実は日本のモノづくりに大きな影響を与えている当社で、一緒にチャレンジしてみませんか?

既存制度 / 取組状況

育休からの復帰を支援する取組男性の育児休業等に関する支援時間単位の年次有給休暇制度所定外労働時間の削減相談窓口の設置育児休業等を取得しやすい環境づくり在宅勤務制度社内勉強会など普及啓発
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

マルホ発條工業は社員が仕事と家庭を両立させて働ける環境づくりを推進してまいります。 私たちは、これまでも下記項目について取り組んできました。
・時間単位の年次有給休暇制度の導入
・カムバック制度の導入
・在宅勤務制度の導入
・時差出勤制度の導入
・育児短時間勤務制度の拡充
今般、下記の行動宣言を発し、さらに社員が仕事と家庭を両立させて働ける環境づくりを推進していきます。

行動宣言

目標1
育児・介護中の社員が仕事と家庭を両立し、一層活躍できる機会を増やすため、柔軟な働き方を推進する。
行動計画1
・要介護状態にある家族を介護する社員が当該家族を介護するために利用できる「積立て有給休暇制度」を新設する。
・2022年4月
目標2
育児・介護中の社員が仕事と家庭を両立し、一層活躍できる機会を増やすため、柔軟な働き方を推進する。
行動計画2
・未就学の子を看護し、または要介護状態にある家族を介護する社員を対象に「在宅勤務制度」を拡充する。
・2022年4月
目標3
育児休業期間中の社員が復職後に一層活躍できる機会を増やすため、自己学習による職業能力の開発・向上を推進する。
行動計画3
・育児休業期間中の社員を対象に「教育訓練制度」を拡充する。
・2022年1月
TOP