array(42) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "346"
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(86) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2020/06/346 おもれい.jpg"
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
  }
  ["date"]=>
  string(10) "2020/04/23"
  ["furigana"]=>
  string(12) "おもれい"
  ["name"]=>
  string(28) "代表取締役 大亀靖治"
  ["address"]=>
  string(52) "京都市中京区西夷川町563 夷川ビル401号"
  ["type"]=>
  string(15) "サービス業"
  ["num_employee"]=>
  string(4) "4名"
  ["business_content"]=>
  string(99) "日本全国の高校生を対象とした進路選択の情報提供をおこなっています。"
  ["prs"]=>
  string(0) ""
  ["pr"]=>
  string(481) "当社は高校生に進路情報の提供を行っています。特に部活動に関わる高校生へ様々な支援をおこなっています。

年間で約2万人の高校生へサービス提供をしており、日本全国で展開をしています。また、部活動指導員に関する書籍の発刊、検定事業、オンラインスクールなども実施しており、指導者の育成事業といった分野にも進出しています。" ["person_in_charge"]=> string(28) "代表取締役 大亀靖治" ["tel"]=> string(12) "075-253-1872" ["mail"]=> string(15) "info@omorey.com" ["goal"]=> string(361) "テレワークを活用し、働き方の多様性を受入れ、高齢者や女性の優秀な人材の活用を中期的に進めていきます。

女性力の活用は自社のみならず日本社会の活性化には欠かせないため、京都にUターンで帰ってきた有能な女性を確保できる職場を目指します。" ["plan"]=> string(727) "・在宅型テレワークで自宅で勤務が出来る環境整備をおこないます。

テレワークのみで勤務する雇用も実施し、将来的に市場変化に柔軟に対応していき、組織として働き方の多様化を目指します。

・講師による働き方改革に関する研修の実施。

・アルバイト・パートの雇用からスタートし、フルタイムへの勤務が出来る体制作りを行っていきます。

・テレワークによる求人募集の実施

・現在の社員にもテレワークを推奨し、昨年対比1割以上のテレワーク勤務を目指します。" ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "10" ["schedules"]=> string(402) "4月 テレワークによる勤務制度の構築 5月 テレワークの実施 6月 講師による働き方に関する研修の実施 7月 テレワークによる求人募集の実施 8月 求人に伴うアルバイト雇用の実施 9月 雇用を継続し、社内のノウハウの蓄積 10月 アルバイトからフルタイム勤務への変更をおこなう" ["region"]=> string(18) "京都市中京区" ["employees"]=> string(11) "10人未満" ["is_submit"]=> bool(false) ["group_support"]=> bool(false) ["know"]=> string(1) "2" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(0) { } ["catch_copy"]=> string(0) "" ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2020/04/23" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "10" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(35) "10 フレックスタイム制度" } ["objective_content1"]=> string(361) "テレワークを活用し、働き方の多様性を受入れ、高齢者や女性の優秀な人材の活用を中期的に進めていきます。

女性力の活用は自社のみならず日本社会の活性化には欠かせないため、京都にUターンで帰ってきた有能な女性を確保できる職場を目指します。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(273) "・在宅型テレワークで自宅で勤務が出来る環境整備をおこないます。
テレワークのみで勤務する雇用も実施し、将来的に市場変化に柔軟に対応していき、組織として働き方の多様化を目指します。" ["action_plan1_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_2"]=> string(63) "・講師による働き方改革に関する研修の実施。" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(312) "・アルバイト・パートの雇用からスタートし、フルタイムへの勤務が出来る体制作りを行っていきます。 ・テレワークによる求人募集の実施 ・現在の社員にもテレワークを推奨し、昨年対比1割以上のテレワーク勤務を目指します。" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(0) "" } ["objective_content2"]=> string(0) "" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(0) "" } ["objective_content3"]=> string(0) "" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } ["is_objective_second"]=> bool(false) ["current_counter"]=> string(1) "0" ["jpid"]=> string(0) "" ["コメント"]=> string(0) "" }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

株式会社おもれい

所在地
京都市中京区西夷川町563 夷川ビル401号
業種
サービス業
事業内容
日本全国の高校生を対象とした進路選択の情報提供をおこなっています。
従業員数
4名
PR
当社は高校生に進路情報の提供を行っています。特に部活動に関わる高校生へ様々な支援をおこなっています。

年間で約2万人の高校生へサービス提供をしており、日本全国で展開をしています。また、部活動指導員に関する書籍の発刊、検定事業、オンラインスクールなども実施しており、指導者の育成事業といった分野にも進出しています。

既存制度 / 取組状況

フレックスタイム制度
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

行動宣言

目標1
テレワークを活用し、働き方の多様性を受入れ、高齢者や女性の優秀な人材の活用を中期的に進めていきます。

女性力の活用は自社のみならず日本社会の活性化には欠かせないため、京都にUターンで帰ってきた有能な女性を確保できる職場を目指します。
行動計画1
・・在宅型テレワークで自宅で勤務が出来る環境整備をおこないます。
テレワークのみで勤務する雇用も実施し、将来的に市場変化に柔軟に対応していき、組織として働き方の多様化を目指します。
・・講師による働き方改革に関する研修の実施。
・・アルバイト・パートの雇用からスタートし、フルタイムへの勤務が出来る体制作りを行っていきます。 ・テレワークによる求人募集の実施 ・現在の社員にもテレワークを推奨し、昨年対比1割以上のテレワーク勤務を目指します。
TOP