array(38) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "452"
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      string(98) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2020/10/452 京都あんしん保険.jpg"
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
  }
  ["date"]=>
  string(10) "2020/09/25"
  ["furigana"]=>
  string(33) "きょうとあんしんほけん"
  ["name"]=>
  string(13) "福井 尚起"
  ["address"]=>
  string(49) "京都府京田辺市大住杉ノ森 10-6"
  ["type"]=>
  string(15) "サービス業"
  ["num_employee"]=>
  string(4) "5名"
  ["business_content"]=>
  string(228) "生命保険と損害保険を組み合わせた一体型保険をはじめ、自動車、事故、災害、レジャーなど、お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの保険を提供しています。"
  ["prs"]=>
  string(87) "http://www.kyoto-anshin.com/"
  ["pr"]=>
  string(702) "弊社は昭和59年の創業以来、“まちの保険相談所”として主に事故の損害保険を専門にしてきました。後に、平成8年からは生命保険の取り扱いを開始し、現在は保険の総合リスクコンサルタントとしてお客様の生命・財産そして安心を守ることを使命に努力しています。生活スタイルの多様化に伴って、皆様の生活に潜むリスクも多岐に渡るようになり、保険商品も多く売り出されています。当社は皆様の生活からリスクを総合的に分析し、担当者・副担当者の2名体制でオーダーメイドの保障をご提案いたします。"
  ["person_in_charge"]=>
  string(23) "副社長 眞鍋 博紀"
  ["tel"]=>
  string(36) "0774-63-0351"
  ["mail"]=>
  string(29) "kyoto-anshin@rhythm.ocn.ne.jp"
  ["goal"]=>
  string(168) "作業の共有化と効率化を図り、時間単位年休制度を導入し、年次有給休暇の積極的な活用で仕事と生活の両立を目指します。"
  ["plan"]=>
  string(692) "①自宅並びに、社外からでも安全にアクセスできるデータ管理体制を確立し、出社しなくても自宅または、外出先から内勤業務ができるようにすることで、作業の効率化と従業員間での業務共有による、フォローアップ体制を構築する。 

②これまでの就業規則を変更し、時間単位の年次有給休暇取得を可能とする。

③前述の①②の実践により、社員がフレックスに有給休暇を利用できる社内環境を作る。

④社長自らが、育児のための休暇を取得または、子連れで出社する。" ["achievement_year"]=> string(4) "2021" ["achievement_month"]=> string(1) "1" ["schedules"]=> string(431) "2020年 11月・・・テレワーク導入のための、サーバー・セキュリティソフト等設置 時間単位年休制度導入 2020年 12月・・・子育て中の従業員のテレワーク導入開始 外勤従業員の遠隔からの事務作業開始。 事務作業の共有化チェックをスタート。 社員の時間単位休暇取得をスタート。" ["region"]=> string(12) "京田辺市" ["employees"]=> string(11) "10人未満" ["is_submit"]=> bool(false) ["group_support"]=> bool(false) ["know"]=> string(24) "選択してください" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(28) "http://www.kyoto-anshin.com/" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(0) { } ["catch_copy"]=> string(0) "" ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2020/09/25" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2021" ["achievement_month"]=> string(1) "1" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(30) "(2)休暇制度の充実" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(34) "7 所定外労働時間の削減" } ["objective_content1"]=> string(168) "作業の共有化と効率化を図り、時間単位年休制度を導入し、年次有給休暇の積極的な活用で仕事と生活の両立を目指します。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(318) "①自宅並びに、社外からでも安全にアクセスできるデータ管理体制を確立し、出社しなくても自宅または、外出先から内勤業務ができるようにすることで、作業の効率化と従業員間での業務共有による、フォローアップ体制を構築する。" ["action_plan1_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_2"]=> string(105) "②これまでの就業規則を変更し、時間単位の年次有給休暇取得を可能とする。" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(223) "③ 前述の①②の実践により、社員がフレックスに有給休暇を利用できる社内環境を作る。
④社長自らが、育児のための休暇を取得または、子連れで出社する。" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(0) "" } ["objective_content2"]=> string(0) "" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(0) "" } ["objective_content3"]=> string(0) "" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > 株式会社京都あんしん保険

株式会社京都あんしん保険

所在地
京都府京田辺市大住杉ノ森 10-6
業種
サービス業
事業内容
生命保険と損害保険を組み合わせた一体型保険をはじめ、自動車、事故、災害、レジャーなど、お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの保険を提供しています。
従業員数
5名
企業HP
http://www.kyoto-anshin.com/
PR
弊社は昭和59年の創業以来、“まちの保険相談所”として主に事故の損害保険を専門にしてきました。後に、平成8年からは生命保険の取り扱いを開始し、現在は保険の総合リスクコンサルタントとしてお客様の生命・財産そして安心を守ることを使命に努力しています。生活スタイルの多様化に伴って、皆様の生活に潜むリスクも多岐に渡るようになり、保険商品も多く売り出されています。当社は皆様の生活からリスクを総合的に分析し、担当者・副担当者の2名体制でオーダーメイドの保障をご提案いたします。

既存制度 / 取組状況

所定外労働時間の削減
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

行動宣言

目標1
作業の共有化と効率化を図り、時間単位年休制度を導入し、年次有給休暇の積極的な活用で仕事と生活の両立を目指します。
行動計画1
・①自宅並びに、社外からでも安全にアクセスできるデータ管理体制を確立し、出社しなくても自宅または、外出先から内勤業務ができるようにすることで、作業の効率化と従業員間での業務共有による、フォローアップ体制を構築する。
・②これまでの就業規則を変更し、時間単位の年次有給休暇取得を可能とする。
・③ 前述の①②の実践により、社員がフレックスに有給休暇を利用できる社内環境を作る。
④社長自らが、育児のための休暇を取得または、子連れで出社する。
TOP