学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

株式会社CAPABLE

所在地
京都市南区上鳥羽苗代町16-1
業種
機械・製造(製造)
事業内容
1.半導体、LED等の電子部品、電子機器の製造装置及び関連金型の設計、製造並びに販売

2.金型及び金属加工品並びに関連機器に関するポータルサイトの運営・管理
従業員数
19人(正社員18人、短時間勤務正社員1人)
企業HP
http://capableeng.com/
PR

社名CAPABLEの由来は「Companys Are Prouded of being Apreciated By its Loyalty and Enthusiasm」即ち「自他共に誇れる会社」。ロゴの中央に位置する「A」は人に輪をモチーフとしてしており、当社を介して数多くの人々の協調と融和を表しています。

既存制度 / 取組状況

育児休業等を取得しやすい環境づくり育休からの復帰を支援する取組男性の育児休業等に関する支援所定外労働時間の削減フレックスタイム制度相談窓口の設置その他子育てにやさしい職場づくりにつながる取組在宅勤務制度
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

家庭と仕事の両立を支援して、より良い職場環境づくりを目指します。 前職の東証一部上場企業の社長在任時から、育児や介護といった家庭と仕事の両立に配慮してきた。
2012年の当社を創業してからも、その思いは変わらない。ベンチャーであるが故に、コロナ前の人手不足といわれた時期においては、わずかひとりの育児休業者に対する代替要員等の確保にすら苦労した。今は育児休業からの復職を実現でき、他の従業員も子育てに協力する雰囲気が良い意味で社内で醸成されており、子育てに限らず、家庭と仕事の両立を支援して、より良い職場環境づくりをしていきたい。

行動宣言の取組内容と効果

目標1
新たにテレワークの導入や有給取得奨励月間の設置等、多様な働き方ができるように努め育児や介護に取り組む従業員が仕事と家庭の両立を図れるように支援して働きやすい職場環境づくりを目指します。
取組内容
テレワークの要件を明確にし、就業規則に新たに記載した。
ホームページにおいて当社の取り組みを紹介するように改めた。
取組効果
保育園、小学校低学年を育てる従業員3名と高齢の親の介護している従業員1名がテレワークで就業した。
従業員の声
コロナ完感染症の急拡大により、学童や保育園の受入が急に停止されることが起こり、今なおその可能性がゼロではない。今回、テレワークが制度として導入されたことにより、幼少な子供を育てる世代にとって、職場と家庭の両立に大いに役立つことになり、助かりました。

行動宣言

目標1
新たにテレワークの導入や有給取得奨励月間の設置等、多様な働き方ができるように努め育児や介護に取り組む従業員が仕事と家庭の両立を図れるように支援して働きやすい職場環境づくりを目指します。
行動計画1
・全社朝礼にて「子育て環境日本一職場づくり」に取り組む意図と背景を説明
・2020年10月
・社内制度の整備
・2020年11月
・テレワークの試験実施、社内制度の積極活用と改善意見のとりまとめ、改善事項への取り組み、今後の採用活動の一助にするべく、取組活動についてホームページに新たに掲載
・2021年1月
TOP