array(44) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "418"
  ["images"]=>
  array(4) {
    [0]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [1]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [2]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
    [3]=>
    array(1) {
      ["image"]=>
      bool(false)
    }
  }
  ["date"]=>
  string(10) "2020/07/31"
  ["furigana"]=>
  string(9) "あさみ"
  ["name"]=>
  string(12) "浅見儀明"
  ["message"]=>
  string(783) "社員は、会社にとって宝であり、一人ひとりの力が企業を形作っている。
そのため、社員にとって働きやすい環境の整備は必然であったが、ここ近年は若手育成と新ブランド開発に力を入れていたため、なおざりになってしまっていた。
今、冬に子供が生まれたばかりの社員が勤務しており、彼が家族に寄り添いながら勤務が続けられるよう、社員が工夫してくれている。
しかし、現会社のシステムだけでは、子育て中の社員にも、他の社員にも負荷が掛かってしまう部分があるため、リモートワークなど勤務環境の自由化を進めることで、改善をしていきたい。" ["address"]=> string(72) "〒604-8163 京都府京都市中京区室町通六角下ル鯉山町511" ["type"]=> string(19) "呉服 製造卸業" ["num_employee"]=> string(36) "11名(正社員11名、パート名)" ["business_content"]=> string(535) "弊社は呉服の裏地や中着を専門に扱う製造卸業を営んでいる。

本社の他に福井に自社工場を構え、製販一貫管理体制で、安定した品質管理のもと積極的な商品開発と加工を行っている。

近年、社員に子供が生まれたことがきっかけで、子供にスポットを当てた商品として子供着物ブランド「こどもkimono clover」を立ち上げ、家族の形をテーマにした商品提案を行っている。" ["prs"]=> string(75) "http://kyoto-asami.com" ["pr"]=> string(622) "初代の頃より裏地や中着の機能性に着目し、「現代のライフスタイルの沿う和装の提案」をコンセプトにオリジナル商品の開発と改良を重ねている。

近年では、次代への和装の継承とファッションの提案として普段着用の子供着物ブランド「こどもkimono clover」を展開するなど、和装振興にも取り組んでいる。

特に、世代を渡って核家族を拡大家族に結ぶアイテムとして、ギフトやイベントを企画、イベント出展を含めて活動している。" ["person_in_charge"]=> string(19) "浅見崇史 営業" ["tel"]=> string(13) "080-5305-2937" ["mail"]=> string(23) "tw-taka0425@ezweb.ne.jp" ["goal"]=> string(436) "①勤務場所や通勤時間を社員の環境に合わせて選択できる会社にする

・子供のいる社員の在宅勤務日を増やせるようにする

・子供の送迎や、発熱や怪我などの緊急の際の早退・遅刻を0にする

②急な休校や休園の際、共働きでも出勤できるよう、一時的に子連れ出勤可能な環境をつくる" ["plan"]=> string(659) "・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする

・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす

・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)

・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける" ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "12" ["schedules"]=> string(132) "10月 テレワーク機器整備 託児スペース整備 11月 テレワーク開始 託児スペース利用開始" ["region"]=> string(18) "京都市中京区" ["employees"]=> string(13) "10人~29人" ["is_submit"]=> bool(false) ["group_support"]=> array(1) { [0]=> array(6) { ["suppot_name"]=> string(55) "令和2年度多様な働き方推進事業費補助金" ["suppot_content"]=> string(84) "子育て中の社員がテレワークや子連れ出勤できる設備を整える" ["suppot_expenses"]=> string(24) "312,850
(451,790)" ["support_price"]=> string(3) "208" ["grant_decision"]=> string(10) "2020/09/30" ["事業実施期間(終期)"]=> string(10) "2021/02/01" } } ["know"]=> string(1) "4" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(15) "機械・製造" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(1) { [0]=> string(6) "製造" } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(15) "卸売・小売" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(1) { [0]=> string(6) "卸売" } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(22) "http://kyoto-asami.com" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(0) { } ["catch_copy"]=> string(1) " " ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2020/07/31" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(2) "12" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(47) "11 法を上回る育児短時間勤務制度" } ["objective_content1"]=> string(274) "①勤務場所や通勤時間を社員の環境に合わせて選択できる会社にする
・子供のいる社員の在宅勤務日を増やせるようにする
・子供の送迎や、発熱や怪我などの緊急の際の早退・遅刻を0にする" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(126) "・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする" ["action_plan1_term_1"]=> string(1) " " ["action_plan1_content_2"]=> string(102) "・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(386) "・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(35) "10 フレックスタイム制度" } ["objective_content2"]=> string(274) "①勤務場所や通勤時間を社員の環境に合わせて選択できる会社にする
・子供のいる社員の在宅勤務日を増やせるようにする
・子供の送迎や、発熱や怪我などの緊急の際の早退・遅刻を0にする" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(126) "・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(102) "・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(386) "・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(22) "9 在宅勤務制度" } ["objective_content3"]=> string(126) "②急な休校や休園の際、共働きでも出勤できるよう、一時的に子連れ出勤可能な環境をつくる" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(126) "・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(102) "・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(386) "・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } ["is_objective_second"]=> bool(false) ["current_counter"]=> string(1) "0" ["jpid"]=> string(0) "" ["コメント"]=> string(0) "" ["initial_counter"]=> string(1) "0" }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

浅見株式会社

所在地
〒604-8163 京都府京都市中京区室町通六角下ル鯉山町511
業種
機械・製造(製造)
卸売・小売(卸売)
事業内容
弊社は呉服の裏地や中着を専門に扱う製造卸業を営んでいる。

本社の他に福井に自社工場を構え、製販一貫管理体制で、安定した品質管理のもと積極的な商品開発と加工を行っている。

近年、社員に子供が生まれたことがきっかけで、子供にスポットを当てた商品として子供着物ブランド「こどもkimono clover」を立ち上げ、家族の形をテーマにした商品提案を行っている。
従業員数
11名(正社員11名、パート名)
企業HP
http://kyoto-asami.com
PR
初代の頃より裏地や中着の機能性に着目し、「現代のライフスタイルの沿う和装の提案」をコンセプトにオリジナル商品の開発と改良を重ねている。

近年では、次代への和装の継承とファッションの提案として普段着用の子供着物ブランド「こどもkimono clover」を展開するなど、和装振興にも取り組んでいる。

特に、世代を渡って核家族を拡大家族に結ぶアイテムとして、ギフトやイベントを企画、イベント出展を含めて活動している。

既存制度 / 取組状況

法を上回る育児短時間勤務制度フレックスタイム制度在宅勤務制度
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

社員は、会社にとって宝であり、一人ひとりの力が企業を形作っている。
そのため、社員にとって働きやすい環境の整備は必然であったが、ここ近年は若手育成と新ブランド開発に力を入れていたため、なおざりになってしまっていた。
今、冬に子供が生まれたばかりの社員が勤務しており、彼が家族に寄り添いながら勤務が続けられるよう、社員が工夫してくれている。
しかし、現会社のシステムだけでは、子育て中の社員にも、他の社員にも負荷が掛かってしまう部分があるため、リモートワークなど勤務環境の自由化を進めることで、改善をしていきたい。

行動宣言

目標1
①勤務場所や通勤時間を社員の環境に合わせて選択できる会社にする
・子供のいる社員の在宅勤務日を増やせるようにする
・子供の送迎や、発熱や怪我などの緊急の際の早退・遅刻を0にする
行動計画1
・・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする

・・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす
・・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける
目標2
①勤務場所や通勤時間を社員の環境に合わせて選択できる会社にする
・子供のいる社員の在宅勤務日を増やせるようにする
・子供の送迎や、発熱や怪我などの緊急の際の早退・遅刻を0にする
行動計画2
・・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする
・・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす
・・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける
目標3
②急な休校や休園の際、共働きでも出勤できるよう、一時的に子連れ出勤可能な環境をつくる
行動計画3
・・フレックスタイムの導入で勤務時間を自由化、幼稚園や保育園などの送り迎えしやすくする
・・希望社員に対してリモートワークシステムを導入し、出勤日を極力減らす
・・子供を連れて来ても、安心して仕事が出来るよう、子供が昼寝及び遊べる部屋を作り、その部屋をカメラで見れるようにする(昼寝の子が起きたらわかるように音声も聞こえるようにする)
・子育ての大変さを共有できるよう、意見共有できる場をつくるなど会社として働きかける
TOP