array(43) {
  ["is_submit"]=>
  bool(false)
  ["is_objective_second"]=>
  bool(false)
  ["furigana"]=>
  string(54) "きょうとふしゃかいふくしじぎょうだん"
  ["name"]=>
  string(24) "理事長 松本 均"
  ["know"]=>
  string(1) "2"
  ["initial_counter"]=>
  string(1) "3"
  ["current_counter"]=>
  string(1) "3"
  ["person_in_charge"]=>
  string(33) "本部事務局 福井 千津"
  ["tel"]=>
  string(12) "075-222-2212"
  ["mail"]=>
  string(17) "c-fukui@ksj.or.jp"
  ["group_main_type_1"]=>
  array(2) {
    ["main_type_1"]=>
    string(15) "医療・福祉"
    ["sub_type_1"]=>
    array(23) {
      ["traditions_textiles"]=>
      array(0) {
      }
      ["sightseeing_accommodation"]=>
      array(0) {
      }
      ["animation_fashion"]=>
      array(0) {
      }
      ["information_technology"]=>
      array(0) {
      }
      ["environment_ecology"]=>
      array(0) {
      }
      ["agriculture_forestry_fisheries"]=>
      array(0) {
      }
      ["construction_architecture"]=>
      array(0) {
      }
      ["machinery_manufacturing"]=>
      array(0) {
      }
      ["chemistry_biotechnology"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_confectionery"]=>
      array(0) {
      }
      ["electricity_water"]=>
      array(0) {
      }
      ["transportation_logistics"]=>
      array(0) {
      }
      ["wholesale_retail"]=>
      array(0) {
      }
      ["finance_insurance"]=>
      array(0) {
      }
      ["realestate_leasing"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_beverage_service"]=>
      array(0) {
      }
      ["medical_welfare"]=>
      array(2) {
        [0]=>
        string(6) "医療"
        [1]=>
        string(6) "福祉"
      }
      ["education_children"]=>
      array(0) {
      }
      ["hairdressing_bridal"]=>
      array(0) {
      }
      ["advertising_printing"]=>
      array(0) {
      }
      ["events_entertainment"]=>
      array(0) {
      }
      ["human_resources_law"]=>
      array(0) {
      }
      ["sub_type_other"]=>
      array(0) {
      }
    }
  }
  ["group_main_type_2"]=>
  array(2) {
    ["main_type_2"]=>
    bool(false)
    ["sub_type_2"]=>
    array(23) {
      ["traditions_textiles"]=>
      array(0) {
      }
      ["sightseeing_accommodation"]=>
      array(0) {
      }
      ["animation_fashion"]=>
      array(0) {
      }
      ["information_technology"]=>
      array(0) {
      }
      ["environment_ecology"]=>
      array(0) {
      }
      ["agriculture_forestry_fisheries"]=>
      array(0) {
      }
      ["construction_architecture"]=>
      array(0) {
      }
      ["machinery_manufacturing"]=>
      array(0) {
      }
      ["chemistry_biotechnology"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_confectionery"]=>
      array(0) {
      }
      ["electricity_water"]=>
      array(0) {
      }
      ["transportation_logistics"]=>
      array(0) {
      }
      ["wholesale_retail"]=>
      array(0) {
      }
      ["finance_insurance"]=>
      array(0) {
      }
      ["realestate_leasing"]=>
      array(0) {
      }
      ["food_beverage_service"]=>
      array(0) {
      }
      ["medical_welfare"]=>
      array(0) {
      }
      ["education_children"]=>
      array(0) {
      }
      ["hairdressing_bridal"]=>
      array(0) {
      }
      ["advertising_printing"]=>
      array(0) {
      }
      ["events_entertainment"]=>
      array(0) {
      }
      ["human_resources_law"]=>
      array(0) {
      }
      ["sub_type_other"]=>
      array(0) {
      }
    }
  }
  ["region"]=>
  string(18) "京都市中京区"
  ["address"]=>
  string(63) "京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地"
  ["num_employee"]=>
  string(44) "324人(正社員253人、パート71人)"
  ["employees"]=>
  string(15) "300人~999人"
  ["business_content"]=>
  string(135) "お子さまからお年寄り、障がいのある方や生活課題を抱える方の入所、通所施設を運営しています。"
  ["pr"]=>
  string(721) "~日常によりそい 包み込む ひとりひとりに 彩りある人生を~
 社会福祉・医療施設を運営し、高齢者、障がい者、子どもたちまで多様な福祉・医療サービスの提供や、地域におけるセーフティネットの役割を果たしています。法人内のさまざまなフィールドで、誰もがご自身の力を発揮いただける可能性があると思います。
 令和元年度には「きょうと福祉人材認証制度」の上位認証を取得いたしました。福祉・医療に携わる人を育て、そして長く安心して働き続けていただけるように、引き続き努めてまいります。" ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(17) "https://ksj.or.jp" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(26) "https://ksj.or.jp/recruit/" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["images"]=> array(4) { [0]=> array(1) { ["image"]=> string(76) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/09/P4010071.jpg" } [1]=> array(1) { ["image"]=> string(94) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/09/ksj2020_jpeg・箪3L1A6310.jpg" } [2]=> array(1) { ["image"]=> string(94) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/09/ksj2020_jpeg・箪3L1A6766.jpg" } [3]=> array(1) { ["image"]=> string(89) "https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/wp-content/uploads/2021/09/上位認証マーク.jpg" } } ["jpid"]=> string(3) "477" ["catch_copy"]=> string(57) "人材こそが、利用者サービス向上の「力」" ["message"]=> string(356) " 「働きやすく、働きがいのある職場」づくりを進めることが、利用者に満足いただける施設づくりに繋がると確信しています。
 出産・育児に係る相談・休暇の取得や育児休業からの職場復帰に至るまで、包摂的(インクルーシブ)なサポートを進めます。" ["コメント"]=> string(0) "" ["company_id"]=> string(0) "" ["type"]=> string(0) "" ["prs"]=> string(0) "" ["group_support"]=> bool(false) ["existing_systems"]=> array(12) { [0]=> string(55) "1 育児休業等を取得しやすい環境づくり" [1]=> string(46) "2 育休からの復帰を支援する取組" [2]=> string(46) "3 男性の育児休業等に関する支援" [3]=> string(130) "4 子育て等に関する特別休暇(学校行事参加、乳幼児健診等のための特別休暇制度の導入など)" [4]=> string(52) "5 不妊治療等に関する休業・休暇制度" [5]=> string(43) "6 時間単位の年次有給休暇制度" [6]=> string(34) "7 所定外労働時間の削減" [7]=> string(22) "9 在宅勤務制度" [8]=> string(137) "11 法を上回る育児短時間勤務制度(子の年齢要件緩和や育児短時間勤務実績を賞与昇級に反映など)" [9]=> string(26) "12 相談窓口の設置" [10]=> string(38) "13 社内勉強会など普及啓発" [11]=> string(74) "15 その他子育てにやさしい職場づくりにつながる取組" } ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2021/10/01" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2024" ["achievement_month"]=> string(1) "4" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["goal"]=> string(0) "" ["plan"]=> string(0) "" ["achievement_year"]=> string(0) "" ["achievement_month"]=> string(0) "" ["schedules"]=> string(0) "" ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(30) "(2)休暇制度の充実" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(52) "5 不妊治療等に関する休業・休暇制度" } ["objective_content1"]=> string(141) "出産前から育児休業そして復帰までの間、安心して休暇・休業を取得できるよう柔軟な支援を行います。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(67) "不妊治療休暇制度(年6日間)を更に拡充します。" ["action_plan1_term_1"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan1_content_2"]=> string(63) "育児休業の分割取得など、制度を拡充します。" ["action_plan1_term_2"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan1_content_3"]=> string(386) "産前産後休暇・休業、育児休業中の職員を対象とした「子育てサロン(Web)」 を設け、休業に伴う不安の解消、モチベーションの維持を図ります。
・相談窓口を明確化し、周知を図ります。
・「職場復帰プログラム」を作成し、業務に関連した情報・技術の提供を進めます。" ["action_plan1_term_3"]=> string(11) "2022年4月" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(39) "(1)育児休業等の取得促進" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(46) "3 男性の育児休業等に関する支援" } ["objective_content2"]=> string(126) "男性の育児休業等の取得をはじめ、男性が積極的に子育てに関われる職場環境をつくります。" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(75) "希望する男性職員の育児休業取得率100%を目指します。" ["action_plan2_term_1"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan2_content_2"]=> string(93) "子の出生直後における男性の柔軟な育児休業の仕組みを創設します。" ["action_plan2_term_2"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan2_content_3"]=> string(236) "男性職員が子育てに積極的に関われるよう「イクメンのススメ」(冊子)を作成し、男性の育児休業等の取得促進を図ります。
・管理職が「イクボス宣言」を行います。" ["action_plan2_term_3"]=> string(11) "2022年4月" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(36) "(3)多様な働き方の推進" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(22) "9 在宅勤務制度" } ["objective_content3"]=> string(90) "働き方改革を進め、職場全体で子育てに優しい環境をつくります。" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(66) "在宅勤務を進め、働きやすい環境をつくります。" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(130) "年次有給休暇取得率を50%以上を維持します。
・時間外勤務を前年度比で2%縮減します。" ["action_plan3_term_2"]=> string(11) "2022年4月" ["action_plan3_content_3"]=> string(99) "働きやすい職場づくりを進め、女性管理職及び役付き職員を増やします。" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > 社会福祉法人 京都府社会福祉事業団

社会福祉法人 京都府社会福祉事業団

所在地
京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
業種
医療・福祉(医療、福祉)
事業内容
お子さまからお年寄り、障がいのある方や生活課題を抱える方の入所、通所施設を運営しています。
従業員数
324人(正社員253人、パート71人)
企業HP
https://ksj.or.jp
求人情報

https://ksj.or.jp/recruit/
PR
~日常によりそい 包み込む ひとりひとりに 彩りある人生を~
 社会福祉・医療施設を運営し、高齢者、障がい者、子どもたちまで多様な福祉・医療サービスの提供や、地域におけるセーフティネットの役割を果たしています。法人内のさまざまなフィールドで、誰もがご自身の力を発揮いただける可能性があると思います。
 令和元年度には「きょうと福祉人材認証制度」の上位認証を取得いたしました。福祉・医療に携わる人を育て、そして長く安心して働き続けていただけるように、引き続き努めてまいります。

既存制度 / 取組状況

育児休業等を取得しやすい環境づくり育休からの復帰を支援する取組子育て等に関する特別休暇(学校行事参加、乳幼児健診等のための特別休暇制度の導入など)時間単位の年次有給休暇制度所定外労働時間の削減法を上回る育児短時間勤務制度(子の年齢要件緩和や育児短時間勤務実績を賞与昇級に反映など)相談窓口の設置社内勉強会など普及啓発その他子育てにやさしい職場づくりにつながる取組不妊治療等に関する休業・休暇制度男性の育児休業等に関する支援在宅勤務制度
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

人材こそが、利用者サービス向上の「力」  「働きやすく、働きがいのある職場」づくりを進めることが、利用者に満足いただける施設づくりに繋がると確信しています。
 出産・育児に係る相談・休暇の取得や育児休業からの職場復帰に至るまで、包摂的(インクルーシブ)なサポートを進めます。

行動宣言

目標1
出産前から育児休業そして復帰までの間、安心して休暇・休業を取得できるよう柔軟な支援を行います。
行動計画1
・不妊治療休暇制度(年6日間)を更に拡充します。
・2022年4月
・育児休業の分割取得など、制度を拡充します。
・2022年4月
・産前産後休暇・休業、育児休業中の職員を対象とした「子育てサロン(Web)」 を設け、休業に伴う不安の解消、モチベーションの維持を図ります。
・相談窓口を明確化し、周知を図ります。
・「職場復帰プログラム」を作成し、業務に関連した情報・技術の提供を進めます。
・2022年4月
目標2
男性の育児休業等の取得をはじめ、男性が積極的に子育てに関われる職場環境をつくります。
行動計画2
・希望する男性職員の育児休業取得率100%を目指します。
・2022年4月
・子の出生直後における男性の柔軟な育児休業の仕組みを創設します。
・2022年4月
・男性職員が子育てに積極的に関われるよう「イクメンのススメ」(冊子)を作成し、男性の育児休業等の取得促進を図ります。
・管理職が「イクボス宣言」を行います。
・2022年4月
目標3
働き方改革を進め、職場全体で子育てに優しい環境をつくります。
行動計画3
・在宅勤務を進め、働きやすい環境をつくります。
・年次有給休暇取得率を50%以上を維持します。
・時間外勤務を前年度比で2%縮減します。
・2022年4月
・働きやすい職場づくりを進め、女性管理職及び役付き職員を増やします。
TOP