array(44) {
  ["company_id"]=>
  string(3) "115"
  ["date"]=>
  string(10) "2019/06/03"
  ["furigana"]=>
  string(27) "せいしんふくしかい"
  ["name"]=>
  string(22) "理事長 笠松恒洋"
  ["message"]=>
  string(441) "「子どもの笑顔は、保育士の笑顔から」
多くの女性が働くという特性に着目しながら、制度や施設の整備など働く環境を改善していこうと思います。
保育士が気持ち良く働ける職場であることが、子どもにとっても最善の居場所になります。
そのような思いで、子育て環境日本一に貢献したいと思っています。" ["address"]=> string(42) "京都市上京区高台院竪町207" ["type"]=> string(18) "福祉(保育)" ["num_employee"]=> string(82) "63人(正職員45人、短時間勤務正職員5人、非常勤職員等13人)" ["business_content"]=> string(168) "法人には二つの保育施設があります。

せいしん幼児園と第二せいしん幼児園とは、合同で保育を行っています。" ["pr"]=> string(114) "家庭とともに、地域とともに、一人一人が輝き、笑顔いっぱいの子どもを育みます。" ["prs"]=> string(0) "" ["person_in_charge"]=> string(19) "園長 池田雅一" ["tel"]=> string(12) "075-415-1234" ["mail"]=> string(28) "ikeda-m@seishin-tanoshii.com" ["goal"]=> string(410) "・職員の「多様な働き方」を応援できる制度を創設するとともに、現行制度の運用を充実させます。

・風通しの良い職場環境づくりに向けた制度の創設に努めます。

・保育士の人材不足は深刻だが、制度の創設や運用の充実により、令和2年2月までに複数名の職員を採用します。" ["plan"]=> string(450) "・「育児・介護休業規程」活用のための勉強会の開催

・育児休業取得(予定)者に対する複数回ヒアリングの義務付け。

・「短時間勤務正職員制度」の周知・理解促進のための全職員研修会の実施。

・「褒め愛制度(仮称)」の創設・運用

・上記取組の情報発信による人材の確保。" ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(1) "2" ["schedules"]=> string(698) "①育児休業取得(予定)者とのヒアリング(7月) ②「多様な働き方」の取組をPRしながら、養成校や人材派遣会社を通じた求人活動(7月~) ③「職員褒め愛制度(仮称)」の検討(8月~)、創設(11月) ④「多様な働き方」実現に向けた職員対象の各種制度の勉強会とアンケートの実施(12月) ⑤「第2回就職フェア」出展による人材確保活動の実施(9月) ⑥「育児・介護休業規程」に関する勉強会の実施(10月) ⑦新たな園のホームページによる「多様な働き方」実践の情報発信(7月以降)" ["images"]=> array(4) { [0]=> array(1) { ["image"]=> bool(false) } [1]=> array(1) { ["image"]=> bool(false) } [2]=> array(1) { ["image"]=> bool(false) } [3]=> array(1) { ["image"]=> bool(false) } } ["region"]=> string(18) "京都市上京区" ["employees"]=> string(13) "30人~99人" ["is_submit"]=> bool(false) ["group_support"]=> bool(false) ["know"]=> string(1) "0" ["group_main_type_1"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["group_main_type_2"]=> array(2) { ["main_type_1"]=> string(24) "選択してください" ["sub_type_1"]=> array(23) { ["traditions_textiles"]=> array(0) { } ["sightseeing_accommodation"]=> array(0) { } ["animation_fashion"]=> array(0) { } ["information_technology"]=> array(0) { } ["environment_ecology"]=> array(0) { } ["agriculture_forestry_fisheries"]=> array(0) { } ["construction_architecture"]=> array(0) { } ["machinery_manufacturing"]=> array(0) { } ["chemistry_biotechnology"]=> array(0) { } ["food_confectionery"]=> array(0) { } ["electricity_water"]=> array(0) { } ["transportation_logistics"]=> array(0) { } ["wholesale_retail"]=> array(0) { } ["finance_insurance"]=> array(0) { } ["realestate_leasing"]=> array(0) { } ["food_beverage_service"]=> array(0) { } ["medical_welfare"]=> array(0) { } ["education_children"]=> array(0) { } ["hairdressing_bridal"]=> array(0) { } ["advertising_printing"]=> array(0) { } ["events_entertainment"]=> array(0) { } ["human_resources_law"]=> array(0) { } ["sub_type_other"]=> array(0) { } } } ["prlink"]=> array(4) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" } ["recruit_link"]=> array(6) { ["link_name_1"]=> string(0) "" ["url_1"]=> string(0) "" ["link_name_2"]=> string(0) "" ["url_2"]=> string(0) "" ["link_name_3"]=> string(0) "" ["url_3"]=> string(0) "" } ["existing_systems"]=> array(0) { } ["catch_copy"]=> string(0) "" ["group_declaration"]=> array(2) { ["date"]=> string(10) "2019/06/03" ["achievement_period"]=> array(2) { ["achievement_year"]=> string(4) "2020" ["achievement_month"]=> string(1) "2" } } ["group_practice"]=> array(7) { ["result"]=> string(0) "" ["employee_comments"]=> string(0) "" ["difficulty"]=> array(2) { ["difficulty"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["adverse"]=> array(2) { ["adverse"]=> string(0) "" ["none"]=> array(0) { } } ["subsidiary"]=> array(1) { [0]=> array(2) { ["subsidiary_name"]=> string(0) "" ["subsidiary_amount"]=> string(0) "" } } ["announcement"]=> array(0) { } ["next_term"]=> string(6) "あり" } ["group_objective_1"]=> array(4) { ["objective_broad_category1"]=> string(18) "(4)その他" ["group_subdivision1"]=> array(1) { ["subdivision1"]=> string(38) "13 社内勉強会など普及啓発" } ["objective_content1"]=> string(153) "・職員のニーズに応じた制度の拡充に努めます。
・一人一人が制度を活用できるよう全職員に周知します。" ["action_plan1"]=> array(6) { ["action_plan1_content_1"]=> string(111) "・職員のニーズを的確に把握し、引き続き法人内における制度の充実に努めます。" ["action_plan1_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_2"]=> string(132) "・毎日の朝礼や職員(全体)会議等あらゆる機会を利用して、制度の全職員への周知に努めます。" ["action_plan1_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan1_content_3"]=> string(240) "・多様な働き方について、全職員が正しく理解し、実践できるよう具体的な指導に努めます。
これらの取組を内外に広く情報発信することにより、人材の確保につなげる。" ["action_plan1_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_1"]=> array(5) { ["achievement_status1"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed1_1"]=> array(0) { } ["executed1_2"]=> array(0) { } ["executed1_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_2"]=> array(4) { ["objective_broad_category2"]=> string(39) "(1)育児休業等の取得促進" ["group_subdivision2"]=> array(1) { ["subdivision2"]=> string(55) "1 育児休業等を取得しやすい環境づくり" } ["objective_content2"]=> string(237) "・新規採用職員に対しては、指導役の専任プリセプターを一年間配置するほか、育成プログラムに基づいて指導・育成を組織として行い、多様な働き方の実践を手助けします。" ["action_plan2"]=> array(6) { ["action_plan2_content_1"]=> string(111) "・職員のニーズを的確に把握し、引き続き法人内における制度の充実に努めます。" ["action_plan2_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_2"]=> string(132) "・毎日の朝礼や職員(全体)会議等あらゆる機会を利用して、制度の全職員への周知に努めます。" ["action_plan2_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan2_content_3"]=> string(240) "・多様な働き方について、全職員が正しく理解し、実践できるよう具体的な指導に努めます。
これらの取組を内外に広く情報発信することにより、人材の確保につなげる。" ["action_plan2_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_2"]=> array(5) { ["achievement_status2"]=> string(24) "選択してください" ["action_details1"]=> string(0) "" ["executed2_1"]=> array(0) { } ["executed2_2"]=> array(0) { } ["executed2_3"]=> array(0) { } } ["group_objective_3"]=> array(4) { ["objective_broad_category3"]=> string(24) "選択してください" ["group_subdivision3"]=> array(1) { ["subdivision3"]=> string(0) "" } ["objective_content3"]=> string(0) "" ["action_plan3"]=> array(6) { ["action_plan3_content_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_1"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_2"]=> string(0) "" ["action_plan3_content_3"]=> string(0) "" ["action_plan3_term_3"]=> string(0) "" } } ["group_practice_3"]=> array(5) { ["achievement_status3"]=> string(24) "選択してください" ["action_details3"]=> string(0) "" ["executed3_1"]=> array(0) { } ["executed3_2"]=> array(0) { } ["executed3_3"]=> array(0) { } } ["is_objective_second"]=> bool(false) ["initial_counter"]=> string(1) "0" ["current_counter"]=> string(1) "1" ["jpid"]=> string(0) "" ["コメント"]=> string(0) "" }

学生・求職者の皆様へ実践中の企業を紹介!

TOP > 学生・求職者の皆様へ 宣言企業一覧 > 社会福祉法人正親福祉会

社会福祉法人正親福祉会

所在地
京都市上京区高台院竪町207
業種
福祉(保育)
事業内容
法人には二つの保育施設があります。

せいしん幼児園と第二せいしん幼児園とは、合同で保育を行っています。
従業員数
63人(正職員45人、短時間勤務正職員5人、非常勤職員等13人)
PR
家庭とともに、地域とともに、一人一人が輝き、笑顔いっぱいの子どもを育みます。

既存制度 / 取組状況

社内勉強会など普及啓発育児休業等を取得しやすい環境づくり
マークの説明
赤色:既に導入されている制度
青色+宣言マーク:行動宣言し、達成に向けて取組中
達成マーク:行動宣言して取組みを行った後、達成

メッセージ

「子どもの笑顔は、保育士の笑顔から」
多くの女性が働くという特性に着目しながら、制度や施設の整備など働く環境を改善していこうと思います。
保育士が気持ち良く働ける職場であることが、子どもにとっても最善の居場所になります。
そのような思いで、子育て環境日本一に貢献したいと思っています。

行動宣言

目標1
・職員のニーズに応じた制度の拡充に努めます。
・一人一人が制度を活用できるよう全職員に周知します。
行動計画1
・・職員のニーズを的確に把握し、引き続き法人内における制度の充実に努めます。
・・毎日の朝礼や職員(全体)会議等あらゆる機会を利用して、制度の全職員への周知に努めます。
・・多様な働き方について、全職員が正しく理解し、実践できるよう具体的な指導に努めます。
これらの取組を内外に広く情報発信することにより、人材の確保につなげる。
目標2
・新規採用職員に対しては、指導役の専任プリセプターを一年間配置するほか、育成プログラムに基づいて指導・育成を組織として行い、多様な働き方の実践を手助けします。
行動計画2
・・職員のニーズを的確に把握し、引き続き法人内における制度の充実に努めます。
・・毎日の朝礼や職員(全体)会議等あらゆる機会を利用して、制度の全職員への周知に努めます。
・・多様な働き方について、全職員が正しく理解し、実践できるよう具体的な指導に努めます。
これらの取組を内外に広く情報発信することにより、人材の確保につなげる。
TOP