特定非営利活動法人KES環境機構

特定非営利活動法人KES環境機構

2020年5月10日
メッセージ 当機構は中小企業の環境経営の支援を行っています。最近国際社会の統一した目標としてSDGsが発効し、目標達成に向けて、取引企業や金融機関から、中小企業にも組織のみならず国際社会との共存と持続可能性が求められています。
SDGsには環境保全と共に「すべての人々の健康的な生活の確保と福祉の促進」、「ジェンダー平等の達成とすべての女性及び女児の能力強化」、「持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らし雇用(ディーセント・ワーク)促進」等も掲げられ、持続可能な事業経営をアドバイスする立場にある当機構でも、多様なニーズにこたえられるような仕組みづくり、職場づくりを推進していきたいと考えています。
行動宣言 【目標】
・残業時間ゼロを実践します。
・子育て中の職員とのコミュニケーション・情報共有等の体制整備を図ります。
・クラウドシステム等を活用した業務のテレワーク導入を行い、子供たちの成長に合わせた柔軟な働き方を支援します。
・テレワーク、クラウドシステム制度を社内外に示し、社内外の人達へ多様な働き方への理解の促進を図ります。

【行動計画】
・定時退社、休日出勤禁止の徹底
・情報共有、クラウドシステム、テレワーク可能な情報システム環境整備の実施
・社内制度の整備(テレワークに関する就業規則改定の検討)
・ホームページへの掲載
所在地 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地京都経済センター6階
業種 環境マネジメントシステム 審査・登録(専門サービス)業
事業内容 企業・自治体・学校等に対して、環境マネジメントシステムの構築・審査・登録、環境教育、環境情報の提供、環境セミナーの開催等の他、組織的な環境改善・環境保全への取り組みの促進と企業活動の活性化のための環境経営に関する事業をしています。
従業員数 8名
企業PR 地球温暖化や環境汚染などは、産業界も大きく関わっています。環境問題を解決するためには、あらゆる規模や業種の企業が、環境や将来を考えた事業活動を行っていくことが大切です。そこで、中小企業の環境に配慮した事業活動・環境経営の推進に役立つ仕組みとして考案したものが「KES」です。
環境経営に経験豊富な審査員が各々の企業の実情に合わせたアドバイスや無料相談に応じます。
一覧へ戻る
TOP