家族ふれあい大賞~思い出の1ページ~

令和2年度の取り組みは未定です。

京都府では、少子化や核家族化の進展などにより、家族関係が希薄化している昨今、家族に対する素直な気持ちを手紙によって伝えることで家族の絆を深めるため、「京都発!手紙(メール)でむすぶ家族ふれあい大賞」を平成15年度に創設し、これまで多くのやりとりを表彰というかたちで紹介してきました。

令和元年度は、これまで手紙(メール)を対象としてきた「家族ふれあい大賞」をリニューアルし、「まいにちがたからもの」をテーマに日常のひとこまを切りとったコメントに絵や写真を添えた作品を募集しました。

令和元年度「家族ふれあい大賞」入賞作品について(京都府ホームページへ)

2019チラシ
fureai_chirashi_click.png
TOP