子連れワークスタイル

子連れワークスタイルとは

京都府では、子育てしやすい職場環境づくりやライフスタイルに応じた多様な働き方の普及を図る取組を進めています。

こうした取組の一環として、子どもの近くで安心して仕事ができる新たな働き方やそれに必要な環境づくりを京都府全体に発信していくため、子連れコワーキングモデル事業や子連れ出勤導入企業のインタビュー等を行いました。

こうした取組を事例集にまとめましたので、是非ご覧ください。


(詳しく見る:PDF)

子連れワークスタイルのメリット

〇 子連れ可能な職場の場合、従業員が子連れで職場復帰しやすくなるとともに、子育てしやすい職場環境が整っていることに魅力を感じる多様な人材の確保にもつながりやすくなります

〇 新しい働き方・新しい選択肢や、価値観を広げていくきっかけとなります

〇 地域や社会との関わりが広がります

子連れコワーキングモデル事業について

子どもと一緒に、“はたらく”と“いきる”がつながる場として、また、新しい可能性を見つける場として、2ヶ月間子連れコワーキングスペースを設置いたしました。

1 開設日時

令和2年1月27日(月)~3月27日(金)の平日

午前10時から午後5時

2 開設場所

株式会社ウエダ本社北ビル3階utena works内

(京都市下京区五条堺町角塩釜町363番地)

3 設備

・キッズスペース    ・おもちゃ      ・インターネット回線

・ホワイトボード    ・プロジェクター   ・テレビモニター

4 対象者

コワーキングスペースを使った仕事ができる方、子育て中の方、新しい価値観に出会いたい方 など

5 本事業(子連れコワーキングスペースモデル事業)の特徴

〇 今までの“当たり前”を変える新しい価値観に出会える場

〇 ちいさな手仕事からはじめられる、社会と接点をつくることができる場

6 利用者の声

〇 子どもたちが何をしているか見えるので、安心して仕事に打ち込めました。

〇 子どもが小さいので、保育園にあずけるより、見守りの方が私のニーズには合っているのかもしれないと気づきました。

〇 親も子も温かく受け入れてくれると思える場所でした。

〇 一度仕事を離れると、オフィスといった場所に入っていくだけでもハードルが高いですが、今回は子連れを掲げていたので、安心して利用できる場所だったのがよかったです。

〇 フリーランスは、一人で何かをやり遂げる不安感を抱いているので、子連れコワーキングスペースを利用しているとお互いが顔見知りとなり、自分を受け入れてもらえると感じられて、嬉しかったです。

子連れ出勤について

〇 京都府内の子育てにやさしい職場環境づくりに関心のある企業に対して、子連れ出勤に関するアンケート調査や聞き取りを実施しました。

〇 また、子連れ出勤導入企業にインタビュー等を行い、取組を検討されている企業・団体のご参考となるよう、導入事例について上記の事例集に記載しておりますので、ご覧ください。

TOP